■渋谷「成ル」■和をオリジナルテイストで食する、和食居酒屋。小人数で行きたい個室も完備した渋谷の穴場のお店。沖縄そば、海ぶどう、泡盛カクテル等の沖縄テイストもございます。
■円山町「巖」■円山町の路地裏にある築50年の隠れ家・木造一軒屋一面板張りの壁が目印です。オリジナルにアレンジした和食をビール・本格焼酎・日本酒・ワイン・カクテル、中でも黒酢カクテルと一緒にどうぞ!
■三軒茶屋「三茶氣」■民家を改造した赤提灯が目印の建物。昔懐かしいホッピー、女性に人気なホッピーカクテルを飲みながらモツ煮込み・手羽先 そして、名物鉄板料理をどうぞ!
■三軒茶屋「三汁伍番」■全国各地から選り優りの食材を集めました。『熊本・桜肉』『鹿児島・薩摩軍鶏』『三陸の海産物』などこだわりのお店です。その他、豚しゃぶしゃぶ、富士宮焼きそば等お客様のリクエストにもドンドン取り入れております。
■ハワイ「成ル-ホノルル」エイジアキッチン初の海外店舗。日本の居酒屋文化を世界へ広めたい!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深夜3時過ぎには
各店からスタッフも集まってくれ
みんなで乾杯!



っとなると・・もちろん一気大会です・・

歴代店長なんです。




昨日で最終営業が終わり、閉店するときどんな気持ちになるんだろう?
と考えていましたがさよならイベントの10日間そして最終日一日中、何だか清々しい気持ちでした。

営業が終わりそのまま厨房機器などが搬出され備品を片付けているとき
寂しい気持ちもありましたがそれでいても清々しい気持ちなんです。
なんででしょう?涙の一つも出てきません。

飲食店の設備や内装は10年も使えば新しいものに変えリニューアルして
店を一新しなくてはなりません。このお店ももう少ししたら改装しないとなんて
思っていた時の立退きの知らせが。

悲しい撤退ではなく明るい撤退だったのと移転先の新店舗が決まったていたのも
あったのでしょうこれも悲しくない。
物は壊れ古くなり使い物にならなくなる時が来ますが
人の想いや人の心に残るものは永遠なんだと。

ビルも取り壊しになりこの場所には店はなくなりますが
スタッフやお客さんのみんなの心に残るものはたくさんあるんだよなぁ。
違う場所の新店舗に移転になりますがみんなの心にはこの成ルの思いが永遠に残ることに
なってくれたらこんなに幸せなことはありません。

15年ちょっと前、独立の時に物件を探していてこの渋谷の物件は実はスルーして興味がなかった物件でした。
それから数か月して「まだ空いてるよ」と再び見に来て何か感じたのか早く店をやりたいと焦ったのか
借りてが付かず1年半以上もテナント募集の紙がはがされることのなかったこの物件で契約。
事務所用途しかないため設備を全て変更し天井の低い中、スタジオムーンさんに
無理くり作ってもらった渋谷成ル。最初こそお客さんもまばらでしたが半年もすると階段でお客さんが
待ってくれるほどの日々に。
これまで働いてくれたスタッフは総勢何人いたんでしょう?100人?200人?
お客様はじめ取引業者さんなどたくさんの方々に支えられここまで続けることが出来ました。
15年間、本当にありがとうございました!

渋谷成ルでの想いは永遠に!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asiakitchen02.blog104.fc2.com/tb.php/989-9e54f9a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。